早漏の男性はダポキセチンがおすすめ

もしも貴方が「早漏」にお悩みなら、ダポキセチンという名の成分が配合された医薬品の服用をおすすめします。
この成分を配合した医薬品のプリリジーは世界で初めて「早漏治療薬」として認定され、現在では世界各国で早漏だった男性がダポキセチンによって顕著に改善しています。
米国で行なわれた治験の結果からも男性が射精までに掛かる時間が三倍以上に延長することが分かっています。

プリリジーは日本ではなかなか手に入らず、取扱いをしている病院も少ないため個人輸入サイトなどから購入することが一般的となります。
この場合は医師による処方箋が不要で、なおかつ値段も安く販売されていますので長期的に使用する予定がある方には大変おすすめです。

また、プリリジーはその効果の高さから日本でも数多くの雑誌で掲載されており、週刊ポスト、日刊ゲンダイ、雑誌AERAなどで特集を組んで紹介されたこともあります。
こういった背景から「早漏にはプリリジー(ダポキセチン)」というイメージが定着し、今では多くの男性がプリリジーを利用して早漏を克服しています。

しかしながら早漏を克服した後に、今度は「遅漏」という症状に悩まれる方もいます。
これは早漏の反対で、射精するまでの時間が極端に長くなってしまう(絶頂しづらい)という症状であり、どちらの場合も改善して平均的な性交時間を築くことが大切です。

そこで気になるのが性行為に掛ける時間として、女性が最も満足するのは何分なのかという点でしょう。
あるインターネット調査によると、以下のような割合が平均的かつ満足のいく性交となります。

前戯:30分
挿入:15分
後戯:15分

合計でちょうど1時間。これが理想的な性交時間となりますので、男性の方はこれを目標に早漏・遅漏を改善していくようにしましょう。

■最近オススメの薬はこれだ!
スーパーPフォースで勃起不全と早漏を一緒に改善